Das japanische Gedächtnis - 日本の想い、ドイツの想い

Koh, Hedi, geb. Weckel 高へティ (旧姓ヴェーケル) (1909 - 2012), Ballerina バレリーナ

Growing old in Japan

Foto links:  Evangelische Gemeinde Deutscher Sprache Tokyo, S.24

The Japan Times, Kris Kosaka: " Witnessing over a century of history. Classically trained ballerina took emotional twirl from Germany to Japan, Manchukuo and back"

" East meets West"

" Portrait von Hedi Koh" - siehe ab Seiten 24 ff

Folgender Auszug mit freundlicher Genehmigung der Autorin aus  Christine Imamichi-Sommer: "Voices from the Silver Seat - Foreigners  Growing Old in Japan - ". Eigenverlag (originally published in the 'Journal of the  Association of Foreign Wifes in Japan', 1988-91), Tôkyô 1994, S. 1-7


履歴書

ライブツィヒで生まれ
同市の歌劇場のバレリーナとなった

ライ
ブツィヒ音楽大学でチェロを学んでいた高勇吉と
1927年に出会い,、
帰国する
勇吉に伴われて
,翌年に来日し,東京で結婚した。

彼女は間もなくバレエを教え始め

また
,勇吉とともに日本各地で,さらに,アジア諸国でコンサートを開いた


第二次大戦が始まると
,二人はスパイとして監祝されたので,勇吉は満州国に移り
,放送局で音楽の仕事に従事した。

.敗戦後,勇吉は家族とともに
,音楽教育のために国民党政府によって北京に移された

49
年に日本に帰国して間もなく,勇吉は没した


その後
-ディは非常に苦しい生活を送った
.午前中はドイツ人のための幼稚園で教え,午後はジーメンス社のために働き,夜は日本人にドイツ語を,週末には知人宅の洋間でバレエを教え

 来日したザクセン関係者,ペジ6